FC2ブログ
●お知らせ●
【イベント参加】
11月4日(日)
おもしろ同人誌バザール6@ベルサール神保町アネックス
http://hanmoto1.wixsite.com/omojin
『漫画刺繍』でサークル参加させていただきます。新刊作ってます。

【通販】
メイキング冊子『漫画刺繍ができるまで』の通販を開始しました
https://manga-shisyu.booth.pm/items/856333

【作り方】ピングドラム☆ペンギンマスコット

キュウベエの型紙と作り方を載せるといっておいて、輪るピングドラムのペンギンさん。

前回作ったペンギンマスコットを、友達に見せたら欲しいと言われましたので、もう1つ作るついでにメイキング…
というほどたいそうな物ではないのですが(;´Д`)

゚・*:.。. .。.:*・゜゚・*:.。. .。.:*・゜゚・*:.。. .。.:*・゜゚・*:.。. .。.:*・゜

今回使った材料

●フェルト:黒と白
●刺繍糸 :黒と白
●手芸綿 :適量
●水などで消せるチャコペン

型紙となる絵
P02_s00.jpg
顔の横幅が約5センチです。

①型紙作成

まず、どんなパーツで構成するかを考えます。

・ベースは、黒の同じ形2枚あわせで、その上に白い顔部分を重ねる
・顔は、 目は刺繍 くちばしは別パーツで、更に顔に重ねる

これに沿って、型紙を作ります。

P02_s01.jpg
左上の、輪郭だけ切ったものが、ベースとなる型紙
左下の黒い部分だけのものは、顔の配置をする時に使います。
顔は、目とくちばしをくり貫いておきます。
くちばしは、輪郭線を切り取って白い部分だけにしておきます。

②裁断
フェルトの上に型紙を置いて、チャコペンなどでなぞります。
通常、描いた線の内側を切るようにします。
が、今回は、白のフェルトで作るパーツのみ、内側を切ってください。
ベースとなる黒フェルトですが、
P02_s02.jpg
1枚分線を引いたら、フェルトを2枚重ねてマチ針で固定し、線上を切ってください。
あごの辺りに、実際の絵より幅を持たせないと縫い合わせが難しくなるからです。
髪の毛っぽいぎざぎざは、隙間を切り取るというよりは、切込みを入れるぐらいの感じのほうが後々上手く行く気がします。
細かい部分は、あとでそろえます。
P02_s03.jpg
くちばしより一回り大きな黒フェルトを用意します。


③くちばしを作る
白のくちばしパーツと黒いフェルトを重ねます。
P02_s08.jpg

くちばしの真ん中の線をバックステッチで刺繍します。
今回、刺繍糸は全て2本取りです。
この時、くちばしパーツの端まで刺繍しないようにしてください。
P02_s09.jpg

刺繍が終わったら、下の黒フェルトを切ります。
P02_s10.jpg

くちばしの完成です。


④顔を縫う
ベースの黒パーツの上に、顔部分をくり貫いた型紙を乗せます。
あご部分を空けたいので、髪?のほうから合わせてください。
P02_s05.jpg
それを基準に、白いフェルトの顔パーツの位置を決めます。
マチ針で固定して、たてまつりで顔パーツを縫い付けます。
縫い終わったら、同じ要領で、顔パーツの型紙を載せ、チャコペンで目とくちばしの位置を記します。
P02_s11.jpg

ここいらで、ベースの黒フェルトを整えましょう。
切りすぎたりしたら、泣きましょう。
白フェルトの顔パーツから3ミリ以上幅があれば大丈夫です。きっと。(顔横幅5センチの場合)
後頭部となるもう1枚の黒フェルトパーツも重ねて整えましょう。
量産する予定で、ベストな幅がわかった人は、型紙自体を修正すればよいと思います。

③で作ったくちばしの、白い部分を持ち上げながら、黒フェルトだけをたてまつりで縫い付けます。
P02_s12.jpg

目は、サテンステッチをします。
目の刺繍のコツは、描いた線上を刺すというより、気持ち大きめになるように刺すことです。たぶん。
刺繍が苦手な人は、目の大きさに切ったフェルトをボンドで貼ってもいいと思います。
というか、顔とかもう全部ボンドでもいいと思います。
サインペンとかでもいけるんじゃないかな。

P02_s13.jpg
刺繍が終わったところです。


アップリケにしたい人は、これで終わりです。これだけでもかわいい。
マスコットにしたい人は続きます。

⑤後頭部パーツとドッキング
もうあとは、後頭部パーツと重ねてまわりを巻きかがっちゃってください。
この時、綿を入れることを忘れずに……
P02_s14.jpg

最後まで巻きかがれたら完成です。
P02_s18.jpg

ブローチピンとかつけてみたらいいじゃない。
P02_s19.jpg



無駄に長かったですね。すみません。
行き当たりばったりで作ってるので、説明するとなると難しい(;´∀`)
こんなんでよかったら、参考にしてみてください。
質問もお気軽にどうぞ。



※もっと大きく作る場合は、イラストそのままで布を切ってしまって大丈夫です。
ようは、土台を縫い合わせるときに白いほうまで刺さない幅があればいいのです。
ただ、これより大きい場合は、くちばしの白い部分は、周りも縫いとめたほうがよいかもしれませんー。
関連記事
スポンサーサイト
2011-07-27 : 輪るピングドラム : コメント : 0 : トラックバック : 0 :
コメントの投稿
非公開コメント

« next  ホーム  prev »

プロフィール

あー。

Author:あー。
漫画好き+服好き+手作り好き
ジャンル関係なく漫画をたくさん読んでます。


似顔絵は、カニさんが描いてくれました

お知らせやまとめ、型紙など

イベントや販売お知らせ
製作過程、連続して書いた記事など

メールフォーム

メールはこちらからどうぞー

名前:
メール:
件名:
本文:

Twitter

たまぁにつぶやきます

検索フォーム

TINAMI

TINAMI登録してます。

アクセスランキング

[ジャンルランキング]
趣味・実用
6953位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
手芸・ハンドクラフト
1476位
アクセスランキングを見る>>

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる